ジャニオタ人生を振り返る

私はどうやってジャニオタになっていったのだろう…気になって朝しか眠れないので振り返ってみようと思う


ジャニオタとしての人生の歩み

2003年
5歳のとき櫻井翔を全く知らずに「よいこの味方」にハマる
母に毎日「幼稚園に太陽先生がいたらいいのに~」と言い続ける
太陽先生は保育士さんなので幼稚園には来ないと知って呆然とする
耳にタコができるほど「太陽先生が幼稚園にいたらいいのに」を聞かされた母は私に「あおいが太陽先生みたいな素敵な先生になればいいんじゃない?」と提案する
そして私の将来の夢は「太陽先生みたいな素敵な先生になること」になる(今は太陽先生みたいな素敵な先生になるために勉強中)

2007年
山田太郎ものがたりの御村託也演じる櫻井翔を見て「世の中にこれほどまでに格好よくて素敵な人がいるの!?」と人生最大の衝撃を受ける
このとき御村託也を演じる櫻井翔を見てもあのときの太陽先生の人だと全く気づかない
山田太郎ものがたりの主題歌であるHappinessを好きになり初めて嵐をはっきりと認識する(伯母が嵐ファンで嵐の存在は知っていた)


2008年
ひみつのアラシちゃんが始まる
初回から毎週楽しみに視聴する
チャイルドマインダー企画の櫻井翔が素敵すぎて再び衝撃を受ける
この頃から好きな芸能人を訊かれたときに陣内智則から櫻井翔と答えるようになる
嵐がひみつのアラシちゃん以外にも嵐がテレビやドラマに出ていたら視聴するようになる
この年の秋~冬頃 友達に好きな曲を訊かれて私は「嵐のHappiness」友達は「嵐のLove so sweet」と答える
そこから嵐のメンバーで誰が1番好きかという話になりお互いに櫻井翔が好きだということが発覚する
次の日にその友達がコピー用紙3枚くらいに嵐の情報(プロフィール 経歴など)を調べて書いてきてくれる
そこで櫻井翔は太陽先生であることを知り更に櫻井翔を大好きになる
そこから嵐に本格的にハマる
生まれました!生まれました!元気なジャニオタです!
当時その友達とは「櫻井翔」という単語だけで毎日会話していたのではないかというほど「櫻井翔」に夢中であった
因みにその友達は今もなお所謂私の相方とよばれる存在である


2009年
めでたく相方と嵐のFC(ファンクラブ)に入会



NEWS

2015年

夜会にコヤシゲに(小山慶一郎加藤シゲアキ)がゲストでVTR出演する
そのときにNEWSというグループをもっと知りたいなと思う
加藤シゲアキの著書「傘を持たない蟻たちは」が話題になり気になるので購入する
とても面白くてなんて素敵なの!と感動する
そのときに丁度リリースされた「チュムチュム」の世界観がとてもヒットして繰返しNEWSを見る
「チュムチュム」以外の曲も聞きたいと思うようになりアルバムを買い漁る
相方が昔「加藤シゲアキ格好いい~」と言っていたことを思いだし布教
見事に相方もNEWSにハマる

2016年
めでたく相方とNEWSのFCに入会

Hey!Say!JUMP

2013年
月曜日にクラスメイトが「Mステで伊野尾ちゃんが3秒映った!!!」と大興奮して登校してくる
そのときに初めて伊野尾慧の存在を知る
櫻井担のフォロワーさんに伊野尾慧にハマっている人がいた
その人がたくさん伊野尾慧の画像をあげていてとても好みなことに気づく
Qさまなどテレビに出演することを知ったら見るようになり伊野尾慧に惹かれてゆく
しかし、そのときの経済的状況から嵐とHey!Say!JUMPを掛け持ちして応援することは厳しいよな…と思い気づかなかったことにする

2015年
24時間テレビの番宣で久しぶりに見た伊野尾慧は可愛らしさを爆発させていて、これはもう見てみぬふりは出来ないと確信する
キミアトラクションで出演したMステを繰返し繰返し見ていることに気づく
伊にゃーの登場にこれは本格的にハマるやつだ…と思う
運命なのか相方も伊野尾慧の素晴らしさに気付いてハマりはじめる
相方にJumpingcarを布教される
気づくとセブンネットでカレンダーを予約していた
今FC入会を検討中
2016年4月 相方とともにめでたくFC入会

といった感じです
嵐を追いかけ始めたころはこうなるとは正直思っていませんでした
この記事を書き終わってほんとにジャニオタ人生一寸先は沼だなぁと思います
そして大親友であり相方でもある友人の存在がとても大きく大切であることを改めて感じました
これからもどっぷり沼に浸かりながらジャニオタ人生を楽しみます!