読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴箱と幼稚園とアイドルとファン

3月28日24時間テレビのメインパーソナリティー発表やFNSうたの春まつりなどとてもジャニヲタの私にとっては目まぐるしい1日となった。

しかしTwitterではあるツイートが火種となり大炎上していた
私はすぐに検索をして調べて、ことの詳細を知った。

今から書くことはあくまで一介の保育について学んでいるジャニヲタの私の感想・意見でありこの感想・意見が正しいんだ!こうするべきだ!ということでは決してありません 「あ~こういう背景があるんだね~ふ~ん」くらいに思っていただけたらと思います(>_<)

今回の件について調べてみて私は率直に怒っているファンの人の意見はスゴくわかるし、手直しせざるを得なかった幼稚園の意見もわかるなと思った。

作った側の気持ちに立つと、自分の一生懸命作ったものが壊されることを考えるととても胸が痛くなるし辛くなる
その靴箱を作った人を応援しているファンの人が怒る気持ちもわかる(企画がとても素敵で好評だったので尚更である)

依頼した幼稚園は、作る側にこの靴箱を使う対象の園児のことを明確に伝えるべきであったと思う また私は不特定多数の人が見るTwitterでわざわざ呟く必要があったのであろうかとも思う もし呟くならば、伝えかたや言葉に配慮が欲しかった

調べていくうちに、幼稚園がやむを得ない理由で手直しをせざるを得なかったということがわかった。

なぜ幼稚園が手直しをせざるを得なかったのかを幼稚園の基本的な枠組みや機能から考えていきたいと思う。
幼稚園とは子どもを教育する学校教育を行う機関のひとつである。
幼稚園で所謂幼稚園の先生としてはたらく幼児教諭は園児が安全に生活をして、成長し社会性・自主性などを身に付けることができる環境を作るという義務がある。
その環境を作るのが幼児教諭としての役割なのだ。

以上のことから、やはり胸が痛くなることではあるのだが教育する環境を作る為には靴箱を手直しせざるを得なかったのではないかと思われる。

ただ伝えるのならば伝えかたや言葉の選び方に配慮が欲しかった(大切だから2回言った)

辛いことではあるが手直しをした靴箱は伊野尾くんや泉ちゃんが作ったときと少し形をかえてしまうであろう。
しかし、靴箱の元を1から作ったのは伊野尾くんと泉ちゃんにかわりはないしその努力が全て水の泡になるとは思わない。
少し形は変わってしまうけれど、4月からまた元気に幼稚園に通う子どもたちを見守ることになってほしいなと強く思う。

CMで感じるアイドルの出世

最近ウィダインゼリーの「フレフレオレ編」がよくテレビCMで流れているのを見る

私はこのCMを見て「櫻井くんが出世しているぞ!」と思った
出世しているというのはどういうことか
もしかしたら私と同じように気づいている人がいるかもしれない(そうであったらとても嬉しい)



今回の主人公は、ただのサラリーマンではありません。ずばり、「超!」多忙。 あわただしいオフィスの中でも、一番忙しい若手中堅社員が、櫻井さん

(ウィダー公式サイトより引用)

皆さん!!!聞きました!?若手中堅社員ですよ!!!

私はこの設定がとても嬉しい
なぜかというと、櫻井くんはCMにおいて若手新人社員という設定が多かった印象が強くあるからだ(若手新人社員とまではいかなくても後輩ポジションのCMが多かった)
覚えているだけでも08年のau KDDIの「もし僕が嵐じゃなかったら」シリーズ
09年春にCM放送されていた同シリーズでも若手社員として外国人を観光案内しておもてなしをしている 味の素の冷凍食品のCMでも会社でお弁当を食べている(この冷凍食品のCMでは後輩ポジションである)

若手新人社員が多かった櫻井くんが若手中堅社員としてCMで輝いている
ウィダーのCMでは上司から仕事を頼まれお偉いさんから期待されて後輩に指示を出す若手中堅社員の櫻井くんを見ることができる
テレビで流れているCMはたかが30秒15秒のことだと思われるかもしれない だがしかし
なんだか櫻井くんがアイドルとして芸能人としてのポジションがランクアップしているように思えてとても嬉しい
また私はこのCMが今の櫻井くんのアイドルとしてのポジションを表しているようにも思えるのだった

今後もランクアップしてパワーアップしていくであろう櫻井くんから更に目が離せない

ジャニオタ人生を振り返る

私はどうやってジャニオタになっていったのだろう…気になって朝しか眠れないので振り返ってみようと思う


ジャニオタとしての人生の歩み

2003年
5歳のとき櫻井翔を全く知らずに「よいこの味方」にハマる
母に毎日「幼稚園に太陽先生がいたらいいのに~」と言い続ける
太陽先生は保育士さんなので幼稚園には来ないと知って呆然とする
耳にタコができるほど「太陽先生が幼稚園にいたらいいのに」を聞かされた母は私に「あおいが太陽先生みたいな素敵な先生になればいいんじゃない?」と提案する
そして私の将来の夢は「太陽先生みたいな素敵な先生になること」になる(今は太陽先生みたいな素敵な先生になるために勉強中)

2007年
山田太郎ものがたりの御村託也演じる櫻井翔を見て「世の中にこれほどまでに格好よくて素敵な人がいるの!?」と人生最大の衝撃を受ける
このとき御村託也を演じる櫻井翔を見てもあのときの太陽先生の人だと全く気づかない
山田太郎ものがたりの主題歌であるHappinessを好きになり初めて嵐をはっきりと認識する(伯母が嵐ファンで嵐の存在は知っていた)


2008年
ひみつのアラシちゃんが始まる
初回から毎週楽しみに視聴する
チャイルドマインダー企画の櫻井翔が素敵すぎて再び衝撃を受ける
この頃から好きな芸能人を訊かれたときに陣内智則から櫻井翔と答えるようになる
嵐がひみつのアラシちゃん以外にも嵐がテレビやドラマに出ていたら視聴するようになる
この年の秋~冬頃 友達に好きな曲を訊かれて私は「嵐のHappiness」友達は「嵐のLove so sweet」と答える
そこから嵐のメンバーで誰が1番好きかという話になりお互いに櫻井翔が好きだということが発覚する
次の日にその友達がコピー用紙3枚くらいに嵐の情報(プロフィール 経歴など)を調べて書いてきてくれる
そこで櫻井翔は太陽先生であることを知り更に櫻井翔を大好きになる
そこから嵐に本格的にハマる
生まれました!生まれました!元気なジャニオタです!
当時その友達とは「櫻井翔」という単語だけで毎日会話していたのではないかというほど「櫻井翔」に夢中であった
因みにその友達は今もなお所謂私の相方とよばれる存在である


2009年
めでたく相方と嵐のFC(ファンクラブ)に入会



NEWS

2015年

夜会にコヤシゲに(小山慶一郎加藤シゲアキ)がゲストでVTR出演する
そのときにNEWSというグループをもっと知りたいなと思う
加藤シゲアキの著書「傘を持たない蟻たちは」が話題になり気になるので購入する
とても面白くてなんて素敵なの!と感動する
そのときに丁度リリースされた「チュムチュム」の世界観がとてもヒットして繰返しNEWSを見る
「チュムチュム」以外の曲も聞きたいと思うようになりアルバムを買い漁る
相方が昔「加藤シゲアキ格好いい~」と言っていたことを思いだし布教
見事に相方もNEWSにハマる

2016年
めでたく相方とNEWSのFCに入会

Hey!Say!JUMP

2013年
月曜日にクラスメイトが「Mステで伊野尾ちゃんが3秒映った!!!」と大興奮して登校してくる
そのときに初めて伊野尾慧の存在を知る
櫻井担のフォロワーさんに伊野尾慧にハマっている人がいた
その人がたくさん伊野尾慧の画像をあげていてとても好みなことに気づく
Qさまなどテレビに出演することを知ったら見るようになり伊野尾慧に惹かれてゆく
しかし、そのときの経済的状況から嵐とHey!Say!JUMPを掛け持ちして応援することは厳しいよな…と思い気づかなかったことにする

2015年
24時間テレビの番宣で久しぶりに見た伊野尾慧は可愛らしさを爆発させていて、これはもう見てみぬふりは出来ないと確信する
キミアトラクションで出演したMステを繰返し繰返し見ていることに気づく
伊にゃーの登場にこれは本格的にハマるやつだ…と思う
運命なのか相方も伊野尾慧の素晴らしさに気付いてハマりはじめる
相方にJumpingcarを布教される
気づくとセブンネットでカレンダーを予約していた
今FC入会を検討中
2016年4月 相方とともにめでたくFC入会

といった感じです
嵐を追いかけ始めたころはこうなるとは正直思っていませんでした
この記事を書き終わってほんとにジャニオタ人生一寸先は沼だなぁと思います
そして大親友であり相方でもある友人の存在がとても大きく大切であることを改めて感じました
これからもどっぷり沼に浸かりながらジャニオタ人生を楽しみます!